ホスピス緩和ケア週間が始まります。
「ホスピス緩和ケア週間〜京都での取り組み 第4回〜」という
地下鉄の駅前広場で開催されるイベントのお手伝いに、京都へ行ってきました。

ホスピス緩和ケア病棟コーナー、在宅緩和ケアコーナー、緩和ケア相談コーナー、
音楽療法士さんのミニコンサートがあり、ドッグセラピーわんこも来ていました。
15ほどの参加施設から、院長先生や師長さん、看護師さん、ボランティアさんが
参加されていました。


ホスピスで行っているアロマセラピーを体験していただこうと、アロマセラピーの
ブースを急遽設けていただけることになったので、アロマハンドトリートメントを
イベントにお立ち寄り下さった方へ、体験していただきました。
思っていたよりもたくさんの、いろいろな方に体験していただけました。


糖尿病で目が見えにくくなってて、病気のせいではないけど耳も悪くなって、
と仰る方、手首を骨折して術後あまり回復が良くなく、手首から指先の手が
とてつもなく冷たく硬くって、思うように動かずに、だるさや焦りや不安を
お話して下さる方、イベント参加のお友達の看護師さんや、乳がんで2.3年前に
手術をし、その後のしんどさやだるさ、低体温のことをお話して下さる方。
旦那さんの実家(大阪)が私の旦那の実家の隣町だとわかって、話しが盛り上がった方。
眠たくなってきましたぁと、ほわ〜んとされる方。

「あぁぁ、もう会うことないと思うけど、またどこかでお会いできるかもしれないねぇ。」
と別れを惜しんで下さる方もいらっしゃったり。
「先生、こうしたほがいい?これはやっぱり続けた方がいい?」と少しでもアドバイスを
持って帰ろうとされる方がいらっしゃったり。

「手相見れる?」と聞かれ、「私が見てもらいたいくらい。」と話していると
「手相したら?」とよくわからないアドバイスを私のほうがいただいたり
どこかが鑑定士っぽかったのでしょうか・・・

今日の出会いは、なんだか不思議な感覚となって残りました。


スタッフに「休みなしでしたね、何人くらい?」と聞かれ「10人くらいは…」と
話すと「いえいえ10人どころでは。」と言われ20名はたぶんいらっしゃらなかったと
思うので、15名くらいの方々とご対面できたでしょうか。控えておけばよかったです。

一人では少々きつかったですが、一人でいろんな方と関われたので、とても贅沢な時間を
過ごさせていただけたと思っています。来年は別の病院からもアロマセラピストの方が
来て下さるよう考えてくれるみたいで、パワーアップで安心です。
ただ、今回は他の病院の方とのお話が、あまりできなかったのが少し残念でした。
次回の楽しみにとっておきます。次回でなくってもどこかでお会いできると思っています。